前へ
次へ

教育をしたときは記録をつけましょう

教材等を使って教育を行っていこうと考えているときには、どのような教育だったのかなど感想を書くために記録をとっていかれると良いでしょう。
この記録に関しては子供がどのような考え方を持っているのかという記録も大切なのですが、自分の教え方等についても記録をつけていけば、今後の改良などに役立てていくことができます。
記録は動画を撮ることでもいいですし必要なワードなどをメモしていくだけでも良いでしょう。
要はどのような教育を行われたのか具体的にイメージできることが大切ですので、記憶の補完としてメモなどをとっていかれると良いかもしれません。
また、教育の中に前回の復讐を兼ねてメモなどを参考に新しい教育を行っていかれるのもいいのかもしれません。
自身の子供に合わせてどのような教え方、伝え方をしていくのが重要なのかをしっかりと意識していけば効率の良い教育を行えるようになりますので、まずはそのステップアップのために記録をとっていくようにされると良いでしょう。

Page Top