前へ
次へ

1つのことに時間をかけて教えていこう

教育の際に自分のペースで教えているという方もいらっしゃるかと思われます。
しかしそれだと子供ついていけない場合もありますので、確実に内容を理解してほしいと言うのであれば、教えていく一つ一つのことに対して時間をかけていきましょう。
例えば1つの問題があるとしてその考え方を1つ聞き出せば終わりとするのではなく、2つ以上考え方を聞き出してみられると良いでしょう。
複数の考え方があると子供が気づいてくれれば、それに対してまた考えるようになります。
1つ知識が増えていけばそれらを結んでいき、幅広い考え方を行っていけるようになりますので、じっくりと時間をかけた教育を意識しましょう。
教育を行うに当たって、子供を飽きさせないためにも自分なりの問題をいくつか準備しておかれると良いでしょう。
またときには復習と言うことで同じような問題を出して見られるのもいいかもしれません。
子供の考え方など教育した内容をメモしておけば後から見直すこともできますので、教育の成果がどうなったのかを判断できるでしょう。

Page Top